Smile Enjoy Education Doing Satisfied

               海外留学

    近年日本の高校を卒業してアメリカの大学へ留学してプロを目指す選手が増えています

 

 中学卒業して高校からアメリカ留学をして現地の野球部で活躍している選手も実際に 長坂秀樹が

  アメリカでプレーしていた8年間で多く見ました野球選手としてだけではなく

トレーナー志望だったり指導者として 将来日本に戻る為に海外留学をしていたりと様々でした

 

 野球を選手としてする事が目的の留学 選手としてではなく野球に携わりたい留学 他の競技など

 

 Perfect Pitch and Swing NYスタッフがアメリカの大学院 

    大学の野球部を経験し実際に卒業していたりするので現地での相談など 

心強いパートナーになってくれます 

 

留学と言ってもどのように準備したら良いのか? 必要なものは?運転免許は?保険や住居?

    アメリカでは野球はシーズンスポーツになっているので1年を通してずっと野球部で活動する

       ことはありません 夏休みにはサマーリーグ 冬休みにはウィンターリーグなど    

        有意義に過ごす為にどうしたら良いのか? こんな事から普段の生活の事なども 

 

 

        来年留学を考えている 留学する前に一度現地に行ってみたい 

                       などなど            

              まずはお気軽にお問い合わせください   

 

 

アメリカ留学

こんにちは 夏休みはサマーキャンプにプライベートレッスンなどで大忙しですが 

 

実は7月の末に一人の大学生がアメリカの大学に留学をしました

 

彼から相談をもらったのが今年の3月末で 日本の大学の野球部に所属をしているが思っている事があり 大学を辞めて アメリカに留学をして アメリカの大学の野球部でやってみたい!という相談を受けました

 

彼がいた大学は日本では野球でも有名な大学で 俗に言う強豪校でした 

 

4月に話をした時には もうすでに大学を辞める手続きをして どうしてもアメリカに留学をして 勉強もしっかりやるが 野球部にも入って もう一度野球も挑戦したい! という強い意志を感じました

 

そして5月末にもう一度話をして9月の新学期に間に合うように 大学探し と 寮や 野球部の環境 生活環境 色々な事をヒアリングして 彼に合うような大学を選んでいきました!

 

そして 5月末から7月末までの渡米に向けての準備が急ピッチで進みました

 

まずは 大学に入る際の手続きやら ビザ そして 何よりも英語の勉強 その合間を見つけて体のトレーニングやケアも行って 7月末に無事に全ての手続きが終わり渡米

 

当初 大学に入る前に語学学校に通うケースも考えていましたが 彼の努力も実りテストをしっかりパスして9月の登校に向けて準備をしています

 

9月になり野球部に合流して これからアメリカでの大学生生活が本格的に始まろうとしています

 

今後も彼の向こうでの生活をしっかりとフォローしながら 活躍をここで紹介出来たらと思います

 

彼がいるのは私自身も大好きなカリフォルニアなのでいつか彼がマウンドで投げている姿を見れたらと楽しみにしています

 

カリフォルニアの中でも強豪校と知られているのでレベルも高く 彼自身もう一度挑戦!するというモチベーションにはピッタリだと思います

 

今後も独自のコネクションを活かして彼の活躍出来る場所や 彼以外の挑戦者をサポートしていけたらと思っています

 

 

               海外挑戦

 

  アメリカでBaseballをやってみたい!野球とBaseballはどう違うのか自分の眼で確かめたい!

 

 日本で生まれて日本でずっと野球をやっている選手なら誰しもが一度は思う事ではないでしょうか?

 

これはごく自然な流れだと考えられます 一昔前ならメジャーリーグという言葉すら知ってはいるけど

 

実際にどんなものなのか詳しくはわからない 『トライアウト』なんていう言葉が一般的に定着してきたの

 

もここ最近ではないでしょうか?日本のトッププレイヤーと呼ばれる選手はこぞって活躍の場をアメリカ

 

に求めメジャーへ挑戦しています メジャーの舞台はアメリカだけでなく世界中からトッププレイヤー

 

が集まります メジャーリーグを頂点としてマイナーリーグと呼ばれる下部組織200チーム以上が

 

あります ということは? それだけチャンスが多いという事になります 日本だと競技人口が多いの

 

にプロ野球という道に進めるのは本当にわずか限られた選手だけです 毎年ドラフトで入団できるの

 

は70~80名ですが アメリカの場合はどうでしょうか? 毎年約1500名ほどドラフトされています

 

それとは別にフリーエージェントとして相当数の選手が契約します これだけチャンスが与えられる

 

場所が存在しているということは 逆に言うとそれだけの選手が入れ替わる訳です 厳しい競争や

 

生き残りを賭けた中に メジャーリーグという頂点が存在しています 契約をしても本当に1日や2日

 

でクビになる事は頻繁にあります チャンスは与えられますがそのチャンスを掴むのは自分自身  

 

       Perfect Pitch and Swingでは独自に持っているコネクションを活かし

     現地でのトライアウトやサマーリーグ ウィンターリーグへの参加も企画しています 

 

                まずは下記のフォームにてお問い合わせ下さい 

 

 

 

メモ: * は入力必須項目です